マンションを売るのに必要な費用 - マンションを売るときのお役立ちサイト

マンションを売るときのお役立ちサイト

HOME > マンションを売るのに必要な費用

売るためにはどんなお金がいくら必要ですか?

マンションを売るときにはどういうお金がかかるのか?
お金の問題をしっかり知っておくことが非常に重要です。

そして売主として「支払うお金」と「受け取るお金」、この二つがあります。

なお、支払うお金としては税金も含まれますが、『売って利益が出た場合』に適用されるため、最近ではそうした事例が少ないことから今回割愛します。

売主として支払うお金の詳細

契約書に貼る印紙代

必要なタイミング:売買契約の時

金額:15,000円(1千万円以上5千万円未満の売買で)
通常印紙は不動産屋さんが用意していますので、売主さんは相当額の現金を契約時に用意するパターンがほとんどです。

仲介手数料

必要なタイミング:原則取引完了時

金額:成約価格の3.15%+63,000円を上限とする。
原則は取引完了時に全額支払となります。
しかし都道府県の指導により不動産業者に対し「契約時半金、決済時残金もらってもいいよ」という取り決めがあるのでたいていの場合は、このように2回に分けて支払います。

司法書士さんの費用

必要なタイミング:原決済引渡し時

金額:これは地域によって売主は不要な場合もあります。
必要な場合でも書類作成費用等で2~3万円程度です。
もちろん住所変更等がある場合は、これ以上かかることもあります。

受け取るお金の詳細

売買代金

契約時に手付金、決済時に残代金という流れが一般的です。

売買代金に限らず、受け取るお金はしっかりと一旦ひとつの口座にまとめて入れましょう。
そうすると、支出・収入のお金の流れが把握しやすいです。

固定資産・都市計画税の精算金

1月1日、または4月1日を期算日として固定資産・都市計画税を精算します。

4月1日を期算日、年間の固定資産・都市計画税が12万円。
引渡しが10月1日とした場合、4-9月分を売主が負担、10-3月分を買主から精算金として受領します。

管理費・修繕積立金の精算金

上記の固定資産税等と同じように精算します。

固定資産税等が「1年」をベースで計算するのとは違い、管理費や修繕積立金は「一ヶ月」をベースに日割り計算となります。
また管理会社からの引き落とし時期もありますので、しっかり確認して精算を行いましょう。

ただし、マンション売却の諸費用については個別性があるので、専門家に相談することをオススメします。

マンション売却のプロと電話相談で解決しましょう!

補足

売買代金をどのように受け取るか?

例えば決済のときに残代金として1800万円あったとしましょう。
通常その金額を金融機関のおいて伝票のやりとりで完了します。

しかし、その際残代金を現金で受け取ることも可能です。
ただし、1000万円を超える高額の場合は一応前日までに金融機関に現金の用意をお願いしておきましょう。

当日に言うと「現金をそれだけ用意していない」なんてこともあります。
また受け取りに関しても「1500万は振込みで、300万は現金で」なんてことも可能です。
受け取るお金をどうするのかも、決済の少し前には決めておきましょう。

さあ、お金の問題をクリアすればいよいよ売却スタートです。

→かしこい不動産屋さんの選び方

マンションを売るときに役立つノウハウが毎週2回無料で届く

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発信者以外の第三者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先にはマンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

マンション売却のQ&Aサイト

無料で相談!48時間以内に回答!

http://www.tanakatetsuya.net/

マンション売却のコンサルタント

出版もしているプロに、あなたのマンション売却をコンサルテイングしてもらえます!

www.e-ubl.net


by ubl

PageTop



HOME - マンションを売るときに役立つコラム集

不動産市場の先行き - 売る目的と手段 - 売るか?貸すか? - 売るときに必要な費用 - 不動産屋さんの選び方 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。