マンションを売る目的と手段 - マンションを売るときのお役立ちサイト

マンションを売るときのお役立ちサイト

HOME > マンションを売る目的と手段

あなたのマンションを売る目的は?

こんな事例があります。
・新しいマンション買いました。
・実際にマンションに入ったんだけど、やっぱり子供が小さいから一戸建ての方がいいなあと思われた。
・一戸建ての土地が売りに出てるのを見て「これが欲しいなあ。だけど、今のマンションどうしよう。」
という事でご相談に来られました。

そこで私が話をよく聞き、質問してみました。

「何で一戸建ての方がいいなあと思ったんですか?」

すると、「子供が小ちゃくて実は飛び降りたりして、かなり抑えてるんだけど、やはり下のフロアの人から足音がするとかそういう事言われるんです」とのこと。

「子供のそういった伸び伸びとした教育をする中でも一戸建ての方がいいのかなあ」という事言われたのです。

こうした話の場合、冷静に売るべきかを判断する材料があります。

・お金の問題
・マンションを売る理由の問題
この2つです。

マンションを売るためのお金の問題

「今のマンション売らないと一戸建ては買えない。ではこのマンションの住宅ローンいくら残っているのか?マンションを中古で今売ってローンが返済できるか?」という事を判断していきます。
当然売却するとなれば諸費用が必要です。
ちゃんとお金の問題をクリアできるかしっかりチェックしましょう。

マンションを売る理由

お金の問題よりも「マンションを売る理由」のほうが大事です。

この方の場合、売るという理由は、「金銭的にもう切迫していてすぐに売らなくちゃいけないという状況」ではなく、「できれば一戸建てを買いたいから売りたい。」というものです。

あとは、ご近所との関係で子供の足音が心配だからという事で売りたいという話です。

そこで、その目的、マンションを売る為の目的をしっかり見定めておくと、解決方法というのがおのずと見えてくる訳です。

マンションを「売る」というのはあくまで手段なのです。

あなたはマンションを目的は?

まず今回の場合は子供の足音という事です。
まずは子供がメインで活動する場所って大体決まっています。
マンションの場合は生活時間のうち80%~90%はリビングです。

このリビングに防音効果の高いマットを敷く等して、下のフロアへあまり音が響かないようにする。
それだけで、まず問題は避けられる。
ご近所とのトラブルは避けられます。

これをするのにお金がかかるじゃないかという問題ですが、じゃあ単純にマンションを売って住宅ローンが全額返済できないと、何百万も自己資金を補填しマイナスが出る可能性が高いのです。

それであれば、まずは身近な目的である足音の問題を解消しておく。
そうした上で、じゃあ新しい土地を買いたいなあ。
ただ、この土地も1つしかない訳じゃない。
いくつかあるし、将来いくらでも出てくる可能性があるという土地なのです。

「じゃあその土地が欲しいけど、まずこのマンションを売れないと買えないよね」

という事になります。
ですので防音の方を先にしてしまって音の問題がついたら後はじっくり時間をかけて売っていけばいいじゃないかという判断が出来るのです。

このようにマンションを売ると思った時に「自分が売る理由」をちゃんと見極めて、それを整理した上で進めていかないと、何の為にマンションを売るのか本末転倒になる可能性があります。

もう一度言いますがマンションを「売る」というのはあくまで手段なのです。

あなたの「目的」を達成するための「手段」が売却なのか?別のものなのか?
まずはちゃんと整理すること。

マンション売却の理由を整理して頂きたいと思います。

→売るべきか?貸すべきか?

マンションを売るときに役立つノウハウが毎週2回無料で届く

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発信者以外の第三者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先にはマンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

マンション売却のQ&Aサイト

無料で相談!48時間以内に回答!

http://www.tanakatetsuya.net/

マンション売却のコンサルタント

出版もしているプロに、あなたのマンション売却をコンサルテイングしてもらえます!

www.e-ubl.net


by ubl

PageTop



HOME - マンションを売るときに役立つコラム集

不動産市場の先行き - 売る目的と手段 - 売るか?貸すか? - 売るときに必要な費用 - 不動産屋さんの選び方 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。